臨床検査科


 患者さんから採取した血液や尿などを検査する「検体検査」と、患者さんに直接接して検査を行う「生理機能検査」があります。様々な検査を行い医師に報告することにより、病気の診断や治療経過の判定などに繋げています。

検体検査

生化学検査
 生化学検査では、肝機能や腎機能、脂質、血糖などの検査を実施しています。
血液検査
 貧血や炎症反応などを調べるため、赤血球数や白血球数などを検査しています。

免疫検査
 免疫検査では、各種腫瘍マーカー(肝臓、消化管、前立腺など)、甲状腺ホルモン、心臓マーカーなどの検査を実施しています。
一般検査
 尿を調べ糖尿病や腎機能障害の有無を検査します。 便からは消化管出血の有無などの検査を行っています。

生理機能検査

心電図等
 心電図や肺機能、血圧脈波などの検査を実施しています。


最終更新日 20180515